自己理解と自己認識の必要性

自己理解、自己認識とは、とは、字のごとく自分を理解し認識する事ですが、では、「あなたは、どんな人間ですか?」と聞かれたら、果たして、どれだけ答えられますか?

いくつかは答えられるでしょうが、意外と、人に自分の説明をするとなると、答えが明確に出てこないものです。人に言えないという事は、自分の事を抽象的、簡単に言うと、ぼんやりとしか捉えてないことに繋がります。

では、ぼんやりだと、何が、問題か?

それは、困難に差し迫った時、どうするべきか、判断が鈍ることです。

何かを乗り越える為に必要なことは、必ず、その人の中にあります。

もちろん、色んな人の意見や、書物や、先生や、色んな選択肢が沢山ありますが、それを判断し、選択するのは全て『自分』です。

その判断をするとき、自分の事をぼんやりとしか捉えていないと、周りに流されてしまったり、あるいは、自分の思いとは違う方向で事が進んだりします。

例えるなら、できない事を、できると頑張って、後でしわ寄せがきて迷惑をかけてしまったり、反面、実はできるのに、できないという思い込みで、視野が狭くなり絶望したり…

自分の得意な事、『強み』を発揮して乗り越えられるのか、

または、自分の苦手な事『弱み』な部分で、乗り越えられないからヘルプを出すのか、

『好きな事』だから妥協できるのか、だとしてもボーダーラインはどこなのか、

一人で乗り越えるのも、ヘルプを出すのも、妥協し折り合いをつけるのも、自分を理解してこそ上手く機能するものです。

立場や、環境が変われば、強み、弱み、好きな事や、楽しい事も変わりますが、自分を振り返る習慣がついていれば、感情ではなく、自己理解や、自己認識へ意識が向き、『何がしたいのか』『何ができるか』と、その場に応じて自ずと見出します。

キャリアコンサルティングで自己認識、自己理解を深める

自己理解、自己認識は、仕事に限らず、人生を歩む上で大変重要であり、困難にぶつかった時の解決策の答えは、全てそこにあるといえます。(詳しくは、自己理解、自己認識の必要性

自己理解、自己認識を深めることは、より良く人生を生きていく為、とても効果的と言えます。

ぜひ、一度、自分の分析を、お勧めします。

「何がしたいのか?何を望んでいるのか?何ができるのか?…」

ただ、思考というものは、習慣づく特徴があり、同じ考えがループします。

(これは、無意識が関わってくるのですが、それは、また後日、他の記事で紹介いたします。)

その習慣から、抜け出せる手段として、キャリアコンサルティングは、とても効果的です。

面談では、人の思い込みや概念を、違う観点から見てみることや、ご自身で気付かなかった価値観などの発見、又は強化等のお手伝いをさせて頂きます。

「あなたは、どんな人?」という問いに、あなたは、自分に、どう答えますか?